インプラント用の最新設備

市川インプラントセンターの安全インプラントのための最新設備

インプラントインプラント治療は手術時間が短いものがあるとはいえ、外科的処置を施すので、事前の診断や、人的ミスがないように最大限の配慮をすることや、万が一の事態への備えが必要です。

そのため市川インプラントセンターでは、インプラント治療を受ける患者さまに安心してリラックスして治療に専念していただくために、「安全なインプラント治療における備え」に対し万全な体制を整えております。

「備え」とは、医師やスタッフの知識、技術、チームワークと、それらを支える最新の医療機器のことを指します。この全てが揃って初めて、「安全・安心なインプラント治療」が可能になるのです。下記にその一端であるインプラント治療における最新設備をご紹介します。

インプラント治療専用のオペ室(手術室)

インプラント治療専用のオペ室当院ではインプラントなどの口腔外科処置に対応するために、手術室を完備しています。

インプラント用 3DCT

インプラント用 3DCTインプラント治療にCTは必須です。

術前はもちろん、術後の管理にも重要です。

生体管理モニター

生体管理モニター術中の患者さんの血圧、心拍、動脈内酸素飽和度などをモニタリングすることが重要です。

当院では、医科全身麻酔用モニターを完備しています。

静脈内鎮静法

静脈内鎮静法術中の不安を解消するために、静脈内鎮静法を応用しています。

確実な滅菌体制

滅菌器インプラントに感染対策は必須です。

当院では使用する機材は世界で1番厳しいヨーロッパ基準(クラスB)で対応しています。

歯科衛生士によるメンテナンス

インプラントメンテナンス当院は定期検診(メンテナンス)のために歯科衛生士専用のケアルームを完備しています。