他院でインプラントが難しいと言われた方へ

他院でインプラントが難しいと言われた方へ

骨が薄い、神経が近いなど全身的には問題なくてもインプラント治療ができないと言われた方へ、当院では、骨が足りない症例などに対して、特別なオプション手術を行うことでインプラント治療を行なっています。

GBR法(Guided Bone Regeneration)

GBR法骨が不足しているとインプラント治療は行えません。

十分な幅と高さを得るためにインプラント治療にGBR法方を併用することがあります。

ボーングラフト(骨移植)

骨が不足している場合で比較的大きい時には、ご自身のホネを採取して必要な部分に移植骨を固定する方法です。

ソケットリフトとサイナスリフト

上あごには上顎洞という空洞があります。この上顎洞には個人差があり、大きく発達している方がいます。このようなときに人工骨や自家骨を用いてインプラントを埋入する方法です。

ソケットリフト

ソケットリフト

インプラントと同時に人工骨をスペースに押し込んでいきます。

サイナスリフト

サイナスリフト

インプラントを入れる骨がない場合には、骨に横から穴をあけてスペースを作ってからインプラントを行います。(インプラントと同時に行うこともあります)